わが子は低学年、中学受験はしたいけど

中学受験を始めるきっかけはご家庭により様々ですが、

中にはわが子が誕生した瞬間にはすでに

難関大学への進学を見据えた中学受験を検討している

といったご家庭も少なくはありません。

 

しかし、いつから中学受験の勉強を始めるかどうか

というのは、頭が痛い悩みのひとつではないでしょうか。

 

早すぎると勉強に疲れさせてしまいそうだし、

かといって遅めのスタートで鬼才・天才と競わせるのも恐ろしい、

となると、やはり何年生からスタートするべきか、

やはり、とてつもなく悩ましい問題なのです。

 

 

中学受験の準備、何年生から?

中学受験の準備を始める年齢は、

一般的には3年生の2月から始めるべきだといわれています。

(2月から新年度となる塾業界では、この時期を4年生と表現しています)

 

こういった場合は、6年生までに3年間をかけて基礎を固め、

応用問題や発展した学習、志望校対策をしていくという

「勉強のための思考回路」をつくる学習法です。

 

筆者が塾業界の第一線で活躍していた時も、

4年生や5年生といった時期から中学受験を強く意識しはじめ、

受験準備をスタートさせているご家庭がほとんど。

 

しかし、より偏差値が高く、より難関に近い学校は

一般的な「3年間の中学受験勉強」だと

実力・学力ともに身につきづらいという難点があるのです。

 

雑に言い換えてしまうと、たったの3年間では

「勉強のための考え方」は

子どもの血肉となり定着しない、ということです。

 

 

中学受験の準備は早いほうが有利

中学受験の勉強は、早くにスタートしたほうが

有利であることは間違いありません。

 

なぜなら、中学受験に出題される問題の多くは

高度な思考力と感受性、さらには記憶力を要求するものであり、

普通の小学生、むしろ、大人ですらできないような

柔軟な頭の使い方が不可欠となってくる世界であるためです。

 

そのため、そういった思考力の訓練は

遊びの中で、幼いうちから鍛えておく必要性があります。

 

中学受験には論理的思考力が不可欠。

 

低学年という頭の柔らかい段階から、

「考える」ことに慣れ親しんでおくことは非常に重要です。

 

 

中学受験の準備を低学年から始めるメリット

中学受験の準備を低学年から始めておくことは

難関中学校への合格するため、

または中学受験特有の勉強の基礎となる

論理的思考力、「ロジカル脳」を

知らず知らずのうちにはぐくめるというメリットがあります。

 

とはいえ、小学校低学年は遊びたい真っ盛り。

 

いくら難関大学への進学を視野に入れていたとしても、

そんな年端もいかないうちから中学受験の準備をし、

塾に缶詰めの勉強漬けにするのは早すぎる、

あまりにも問題が多すぎる、お考えの方ももちろんいらっしゃると思います。

 

しかし、ロジカル脳を育てるのは家庭学習でも簡単にできます。

 

また、難関大学への進学、

中学受験を視野に入れているご家庭はとくに

低学年から中学受験の準備を進めておいたほうが

得られるメリットがたくさんあるのです。

 

 

メリット1:低学年では得意・苦手がわかりやすい

まず、低学年で学習する単元は、親がひと目見れば

どこでつまずいていてどう改善できるか、

塾業界の力によらずとも簡単にできてしまいます。

 

これがどういうことかというと、わが子の得意・苦手が

いちばん近しい親御様の立場で把握できるだけでなく、

自分の子どもにまさに最適な指導を実現できるということ。

 

さらにいえば、苦手が早期発見できることにより

低学年という基礎固めの段階で、

いずれ大きくなる「苦手教科の芽」を摘み取ることが出来るのです。

 

低学年だからこそ、好きなことへの熱中度、

また嫌いなものへの集中力の散り方など見極めやすくなり

中学受験で陥りがちな「偏差値ジェットコースター」に

巻き込まれづらくなります。

 

 

メリット2:「遊びながら勉強」が実現できる

低学年から中学受験の準備を進めていくことは、

受験勉強が本格始動する前から

基礎的なことは「遊びの中で」教えてあげることが出来ます。

 

例えば中学受験の理科などで問われることの多い

「花」や「昆虫」にまつわることなどは

感受性を高めるために必要な外遊びの中で

自然と教えてあげる・覚えてもらうことが可能ですし、

このサイトで取り上げている国語という教科に関しましても、

少し難しい本を読む、親子で登場人物の気持ちを考えるなどして

感受性・語彙力・思考力を、遊びの中で育てることが出来ます。

 

これは、中学受験にいきなり参戦する他のご家庭と比べ

「学習の習慣」をさりげなく織り込むことで

中学受験勉強における束縛感やストレスを

感じづらくなるというメリットが得られるのです。

 

志望校選択まで余裕のある低学年だからこそ、

遊びの中で学びを取り入れることで、

4年生からいきなり勉強付けという戸惑いを

生まなくてもいいのです。

 

 

メリット3:余裕を持った志望校選択

中学受験で大切になってくるのは、偏差値などの学力のみならず

子どもが志望校に適しているかどうかの見極めもありますよね。

 

小学校4年生、5年生になって学校見学などへ親子で赴き、

志望校を絞るのが一般的ではありますが、

受験直前期になって志望校変更、

いまだどこの学校が合っているのか決められない、というのは

塾業界では珍しくはないエピソードです。

 

せっかく中学受験のために学力をつけてきたのに

いまいち納得が出来ない中学受験校に入学するというのは

いくらなんでも残念な気持ちになりますよね。

 

低学年から中学受験の準備をするということは、

親の目でわが子の適性校をじっくりと見極め、

行かせたい学校や校風などの方向性、ビジョンに

ある程度の具体性を持たせることが出来るのです。

 

 

中学受験を目指す低学年がするべき勉強法

低学年から中学受験の準備を整えておくことは

親子双方にとっても非常にお得であることが

おわかりいただけたと思います。

 

とはいえ、低学年を勉強漬けにすることは

筆者としても非常に反対です。

 

幼いうちから問題集とにらめっこさせておくことや、

外遊びの時間を必要以上に制限することは、

勉強そのものに苦痛を感じる「勉強アレルギー」を起こす引き金になるほか

中学受験ではキモとなってくる感受性を奪うことにもつながるためです。

 

低学年だからこそ、勉強のやり方には気を付けなくてはいけません。

 

「苦手意識」を持たせないように注意

まず、中学受験は年を追うごとに難しくなっていく勉強の日々です。

 

中学受験がいまだスタートしていない段階から

この先に待ち構える難問たちの壁に

アレルギー反応を引き起こさせてしまうのは

見事なまでの本末転倒ですよね。

 

低学年から受験準備を進める場合、

あくまでも「勉強」という意識から少し離れることが大切。

 

遊びの要素からくる「学ぶことは楽しいこと」という根底は、

子ども自身の自己肯定感にもつながり

中学受験で必要な感受性や想像力、好奇心などに

非常に良い影響をもたらしてくれます。

 

中学受験の勉強にもついていける「ロジカル脳」をつくる

「遊び」の中に「学び」を取り入れることはもちろんですが、

順序立てた物事の考え方を身につけさせることや、

感覚だけに頼らない答えの出し方ができるよう

親子の会話を通し、保護者がうまく誘導してあげることも大切です。

 

中学受験の国語では、自分の考えていることや

例文の小説などに登場する人物の心情を

豊富な語彙と的確な表現で書き出していく「記述問題」が特徴的。

 

この「記述問題」は配点率が高い一方で苦手とする子どもたちも多く、

様々な中学受験塾では国語の記述問題に特化した指導も行われるほど

中学受験生にとって手ごわい、目の前にそびえたつ大壁となっています。

 

記述問題を得意にすることは、高い読解力はもちろん

前後のつながりを明確に理解した論理的思考力、

「ロジカル脳」が何よりも大切であり、

まだ幼く知識の吸収や好奇心も柔軟なうちから

積極的に行動をしていかなくてはいけません。

 

 

低学年の今だからこそ勉強にルーティンが出来る

低学年の時は遊びまわり、4年生という準備期に入って

いきなり中学受験の勉強に取り組める小学生は

まずいないといってもいいでしょう。

 

そのような、突然のライフスタイルの切り替えは

大人でも難しいものですよね。

 

しかし、多くの中学受験生はそういった

ライフスタイルの急な変更にうろたえながら、

なかなか上がらない成績や

小学校で習うものよりも倍難しい設問を

どうにかこうにか解き、ついていっています。

 

塾業界に身を置いていた経験から見るに、

こういった4年生スタート組のご家庭の生徒は

ほとんどが学習する習慣がうまく身についていないため、

志望校対策よりも前に、家庭学習の指導から始めなくてはいけません。

 

ただでさえ時間の限られている中学受験で、

習慣づけのための時間を使っているのは、

少々非効率に感ぜられる部分も。

 

低学年の中学受験準備は、ルーティンを組むといった面では

かなりスタートをリードしているといえます。

 

 

中学受験を目指す低学年の課題

低学年という幼いうちから中学受験準備を進めることに

疑問に思う部分を上げるとすれば、

それほどに早い段階から勉強や学習にとらわれていたら

子どもも、親も、息切れしてしまうのではないか?といったことでしょう。

 

こうした「息切れ」問題は早期からの中学受験によく見られ、

長い長い受験戦争に疲れ果てた子ども、または親子が

結局耐え切れずにリタイアしてしまうということが時々あります。

 

低学年からの中学受験準備は

受験に向けて計画的に動けるといった面で

メリットも多いですが、気を付けなければ

息切れ、燃料切れなどに陥る原因にもなりかねません。

 

またそういった息切れが起こるのは子どもばかりでなく、

張り切りすぎた保護者が子どもを巻き込んで自滅、

というもっとも避けたいパターンもありました。

 

課題1:まずはたのしく学ぶことから

上記のようなバッドエンドを迎えないためにも、

保護者の方も肩の力を抜き、

子どもと同じように「たのしむ」ことを主眼に

学ぶことを意識してみると良いでしょう。

 

前項で「中学受験に必要なのはナントカだ!」と

口うるさく言っていた人間の発する言葉ではありませんが、

教育ママを徹底してしまうと、子どもも疲れ切ってしまいます。

 

保護者があせり、追い立てるのは

子どもが低学年のうちはまだ早いお話です。

 

学ぶということは本来楽しいことであることを教え

あせらず、「学び」の基礎に立ち返り

子どもと一緒に吸収していくスタイルを意識しましょう。

 

 

課題2:より慎重なテキスト選び&家庭学習

早期からの中学受験準備でありがちな「息切れ」は、

保護者のがむしゃらさあふれる家庭学習法と、

やみくもなテキスト選びも原因のひとつかもしれません。

 

それだけ子どもの将来を思って

まじめに取り組んでいることは、

子どもにも、しっかりと伝わっているはずです。

 

しかし、効果の出ないテキストを買っては捨て、

成績を上げるために幼いうちから通塾させるといったことは

行き過ぎると子どもにとって「しばりつけ」となり

また保護者の方も、理想と現実に板挟みにされ

親子共倒れしてしまう「息切れ」の原因になります。

 

最適なテキスト選びと、感情的になりそうなときの

「まだその時じゃない」という心の余裕は

少なくとも子どもが低学年のうちは忘れないようにしましょう。

 

 

中学受験を目指す低学年に国語が最適なわけ

さて、中学受験においてなぜここまで国語を押すのか?

塾業界に携わっているからと何か売るつもりじゃないか?

 

と、思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

じつはどれも該当せず、ここまで国語を押すことには理由があります。

 

このサイトで中心的に取り上げていることなのですが、

国語はさまざまな教科に共通する土台のような教科。

 

また、国語では記述問題や暗記など

ひとつひとつ学ばなくてはいけないことが重たく、

その時に求められる能力も語彙力・想像力・読解力と複合的であり

さらに幅広い知識も要求される難関の科目。

 

裏を返せば、国語さえしっかりとマスターしておけば

どの科目でもある程度のレベルには

達することが出来る、とも言い換えられます。

 

国語=日本語=「すぐに取り組める」!

中学受験準備を始める低学年に

国語をおすすめする理由のひとつに、

国語は日本語なのですぐに取り組める、

というものがあります。

 

これがどういうことかというと、国語は

日常生活のありとあらゆるシーンに転がっている

奇跡的な教科である、ということです。

 

幼い子ども、低学年の子どもに国語の勉強をさせるのは

何も机に押し付けて問題集を解かせるだけではありません。

 

テキストで知識を新しくつけさせる前段階として、

今日あったできごとや好きなアニメのあらすじ、

本や漫画の登場人物になりきって議論をしてみるなど、

読解力、語彙力、思考力をまとめるチャンスは

親子のかかわりの中で自然と生まれていきます。

 

語彙力をつけておくことは中学受験に有利

ごっこ遊び、読み聞かせなど、子どもが興味を持ちそうで

かつすぐに取り組める国語は、

教養と知識の両方を身につけられる欲張りな教科です。

 

とくに難関中学校での出題に顕著な

知識と語彙力を問うようなややイジワルな問題でも、

言葉を多く知っていることで

問われている内容を正確に読み取ることはもちろん

実際に回答するさいにも的確な表現が出来るため

戦力をいかんなく発揮してくれるでしょう。

 

記述問題はセンスが命

昨今の中学受験で流行している「記述問題」は、

国語の中でもとくに配点率が高い設問。

 

記述問題とは、初めて読んだ文章から感じ取ったことを

受験生自身の言葉で書き出していく

柔軟かつもっとも国語らしい設問のひとつ。

 

記述問題では幅広い教養の貯蓄と豊かな語彙力、

そして的確な言葉を選び出せる読解力のセンスが不可欠。。

 

平たく言えば「作文能力」が問われる記述問題を

手堅くものにしていくためには、

この「国語のセンス」を磨く必要性があります。

 

中学受験におけるセンスは、塾のみではなかなか身につくものではありません。

 

親子のコミュニケーションはもちろん、

保護者の方も学ぶことを面白がり、

新しい知識をたくわえることに喜ぶことが大切かもしれません。

 

 

塾業界おすすめ国語問題集BEST3

中学受験において、国語は柔軟な対応が求められる科目であるぶん

早くからの準備が何よりも重要視されていることは

なんとなくおわかりいただけたかと思います。

 

とはいえ、低学年という様々な経験を身につけ、

昨今の中学受験で求められている

子ども独自の「思考力」や「感受性」、「想像力」を

養うことが出来る重要な「感性の成長期」に

いくら中学受験のためとはいえ、塾に缶詰めにしてしまうのは

あまりにも気の毒ですし、もったいないことです。

 

そこで、低学年からでも始められる

塾業界おすすめの中学受験の国語問題集を使い、

家庭学習で一足早く中学受験準備を行うのはいかがでしょうか。

 

低学年から始められる問題集であれば、

さほど勉強というカラーを強く出すことなく、

かつ遊びの時間も確保したうえで学習の習慣づけをすることも可能。

 

塾業界売れ筋であるため、的確に学力を伸ばしていけます。

 

 

第3位:小1国語 文章読解 (早ね早おき朝5分ドリル)

1日1ページを目安に行う、朝のちょい活が叶う

所要時間約5分の、非常にシンプルな基礎固め用ドリルです。

 

学習内容も、本文を抜き出すだけという

基礎的(とはいえ大切)なスタートから始められます。

 

毎朝1ページずつ行うことが目標として設定されており、

また、ドリルは1ページずつ切り離して行えるため

子どもにドリルそのものの分厚さを感じさせるなどといった

心理的な圧迫感を軽減する機能性も魅力的です。

 

国語への苦手意識の高い子どもに

短いものを少量ずつ学ばせることが出来るため、

無理なく、生活のリズムの中に組み込んで

学習を続けていけるすぐれもの。

 

また、遊びたい気持ちを押さえつけるべきではない

低学年の学習においても、無理強いすることなく

学習させることが出来るため

低学年のうちから中学受験準備をスタートした子どもにありがちな

「中学受験疲れ」や「息切れ」も

かなり少なくなることが期待できるでしょう。

 

第2位:まんがで学ぶ! 国語がニガテな子のための読解力が身につく7つのコツ

元高校教師である小説家・長尾誠夫による

マンガでわかる読解力強化のための国語教則本。

 

現在娯楽小説家として活躍する著者ならではの斬新な手法と、

ポケモンに似たパンチ力のあるキャラクターを

ゲットするという目的に乗っ取り、

楽しく国語を学んでいける子ども心を刺激する楽しい展開で、

中学受験の場において高度に要求される

読解力や理解力をはぐくんでいくことができます。

 

国語のテストで点数が取れない子どもに

どう教えていいかわからない保護者の助けにもなり、

回答する際に注目する点や

指導する側となるとどこから手を付けるべきか

わからなくなりがちなスターターにもうってつけの1冊。

 

低学年でも取り組みやすいマンガという形式で

楽しく国語の仕組みを学ぶことが出来ます。

 

第1位:はなまるリトル 2年生

堂々1位は、中学受験大手塾・四谷大塚のテキストであるこちら。

 

塾業界でも太鼓判の問題集です。

 

中学受験大手塾のテキストなだけあり、

文章読解が多めの傾向やテストのようなひねられた問題など、

公立小学校で学ぶ国語の内容より

ひと段階難しい国語問題集となっています。

 

しかし、ページごとに指導内容が明確に示されており、

学習する方針や目的がわかりやすく

保護者としても教えやすい塾に行くような問題集。

 

また、低学年向けの国語問題集ということもあってか、

漢字+パズルなどといった遊び心も盛り込まれており、

楽しみながら国語力を上げていくことが出来ます。

 

毎日コツコツと解いていくことで、効果が期待できるテキストです。

 

中学受験の準備は低学年から始めたほうがメリットがたくさん!

いかがでしょうか。

 

中学受験はふつう、早くても3年生から、

一般的には4年生からスタートするものですが、

早くから中学受験を検討している場合、

低学年のうちからスタートを切っていたほうが

周りのライバルたちが勉強を取り入れた

慣れない生活リズムに戸惑っているうちに、

確実に差を見せつけることが出来ます。

 

4年生から本格的に中学受験がスタートするとしたら、

低学年のうちからの受験準備はいわばウォーミングアップ。

 

いきなり勉強漬けの毎日をスタートするよりも

遊びの中で楽しみながら学習をスタートできる低学年のほうが

緩やかに受験準備を進められ、親子ともども

精神的な負担はあまり多くありません。

 

また、中学受験うんぬんを抜きにしても

幼いころからの読解力や語彙力の鍛錬は

のちのちの深い教養へとつながっていきます。

 

このほかにもたくさんのメリットがある

低学年からの中学受験準備。

 

国語のテキストだけでもやってみることは、けっして悪いことではありませんよ。