中学受験と向き合う塾業界でも

長年話題にのぼり続けているのが

「国語一番難しい教科なんじゃないか問題」です。

 

国語は得意な子にとっては自由に回答できるうえ

得点にもつながりやすい「稼げる」科目ですが、

苦手な子にとっては答えもひとつとは限らないうえ

覚えることが妙に多い「強敵」な科目です。

 

ですが、国語が苦手な子どもこそ自習教材などを通し

ロジカルに国語と向き合っていくことができれば、

一躍、高得点のヒットメーカーとなってくれます。

 

今回は国語を学習するうえで押さえておきたいポイントと

塾業界でおすすめされている

国語教材ランキングを書いていきます。

 

中学受験の国語で大切なこと

中学受験のみならず、

国語は算数などのように明確な答えはなく、

苦手な子どもにとっては

どう取り組んでいくべきかとらえきれない難しい科目のひとつ。

 

また国語はその特性上、塾業界でも教え方やコツなどが

講師によってさまざまであることも、

苦手な子どもにとっては混乱を招く

一因となっているかもしれません。

 

しかし、国語と言えども解法は存在していますので、

そういった大切な点や見落としがちな要点を押さえていけば、

国語は様々な分野で応用が出来る強い味方へと

大変身を遂げてくれます。

 

塾業界でも難しい「国語の教え方」

国語における大切な点は、本文をじっくり読む前に

問われていることの情報を

きちんと受け取ることができるかにあるでしょう。

 

算数などと違い明確に回答が決められているわけではない国語において、

問題文を誤解して解き進めることは何よりも足元をすくわれる行為。

 

であるにもかかわらず、

本人は誤解している自覚がないことが大半であり、

またその誤解というものを

言語化して教えることは難しいことでもあります。

 

塾業界に携わっていた時分でも、

家庭学習でわが子が苦手とする国語を教えている

中学受験に熱心な保護者が

「なんとなくこうなるでしょうが!」と

つい言ってしまい悩んでいるという話は

それはそれはしょっちゅう集まってきたことでした。

 

実際、中学受験の国語のみならず

国語というものはそうとしか解説しようのない

抽象的な部分が多い教科でもあります。

 

流行の出題傾向

また昨今の中学受験における国語の出題傾向は、

漢字の当てはめの難問化も顕著ながら

想像力・読解力・語彙力・瞬発力ともに求められる

記述問題の増加が目立っています。

 

以前は難関中学校にみられることの多かった記述問題は、

今や中学受験を代表する問題傾向のひとつになっているため、

記述問題を中心とした対策を立てておくことが

なによりも重要となってきている傾向に。

 

じわじわとオールマイティな能力が求められつつある

中学受験という激戦区において

子どもたちが吸収する知識量は想像を超えるものがあります。

 

 

問題文の中にある答えを見つける

また国語が苦手な子どもたちが見落としがちな要点として、

問題文と例文のつながりを無視してしまうという傾向があります。

 

算数では問題文と例題分は一緒であることが多いばかりか、

問われていることが非常に明確に示されているため、

ある種の快活さがあります。

 

しかし国語においてはこの限りではなく、

問題文の後に長い例題文が続き、

そのあとから再度自分の頭で調べ、探し、考えるという

3ステップを踏まなくてはいけないという

多い手順が存在していますよね。

 

そのうえ、小学生が読解するにはどう見ても困難である

複雑な例題文が出題されることも

珍しくないというのも国語への苦手意識を強めている印象です。

 

国語の問題文は非常に簡単な構造

国語が苦手な子供たちは、例題文の文字量の多さと長さ、

「どうしてこうなったのかを説明しなさい」など

いまいち要点のつかめない

問題文の抽象表現に面食らってしまい、

結果として問われていることを誤解してしまったり、

抜き出すべき場所を見失ってしまう、という傾向が強いようです。

 

国語では、問題文の中に答えへのヒント、

ないし答えそのものが隠されていることが非常に多いため、

構造さえ覚えてしまえば

比較的すいすいと解き進めることが可能です。

 

では、国語の問題文の中には

どういったヒントが隠れているのでしょうか。

 

作者の言いたいこと

国語の問題文の中には、

「作者の言いたいこと」を抜き出す問題が

必ず出てきます。

 

「なぜこう思うのか」

といったことを問う形の文が多く見られますが、基本的には

もう少し具体的にテーマが抜き出されていることの方が多いのも特徴。

 

「文中で作者は○○といったことについて述べていますが」

といった文言から始まる問題は

必ずといっていいほど目にしますよね。

 

こういった出題がなされる場合、その問い自体に

作者が言いたいことが要約されていることもしばしば。

 

問そのものに作者の主眼としているテーマが

そのまま書かれている場合や、

抜き出すべき点が書いてあることも多いのです。

 

問題文だけ読めば隠れたテーマが見えてくる

こういった文章題の問いにおいては

文中で作者が「言いたいこと」のヒントを

出しているというケースがほとんどで

問題文でテーマとして触れられており、

かつ作者が最も語っている部分が

文章題の答えであるということも珍しくはありません。

 

いかに長い文章題であっても、

問題文で触れていることに最も近い段落を探し出し、

抜き出していくことで正答にぐっと近づくことができます。

 

また、文章全体を理解しようとするのではなく

段落ごとに区切ってさらりと読んでいくことで、

作者の言いたいことや

書かれているテーマなどの全貌がつかめてきます。

 

 

登場人物の気持ち

中学受験の国語でもっとも多いのが、

例題文として扱われる小説の登場人物の気持ちを

想定して書き出すという読解力が必要になる問題です。

 

中学受験では大人向けの近代文学や娯楽小説、

エッセイなどが扱われることも多くなり、

国語が苦手な子供たちにとっては、

経験したことのない人生の葛藤などについて

描かれている作品や複雑な心理状況などを、

想像し、読解していくことが困難に感じてしまいます。

 

塾業界でも読解について明確にこれであるという

マニュアルは存在しておらず、

比較的感覚や感性にゆだねられることも

多い問題である「気持ち」の読解。

 

とはいえ、こうした問題は問の中に

「と、ありますがなぜこの行動を起こしたのか」というように

棒線が引かれている場合も多く。

こうした場合も前後の棒線前後を重点的に読むことで

文章のつながりなどからヒントを得ることができます。

 

さらに、大人でも想像し言語化することが難しい

出題内容についても同じことが言え、

棒線周辺の表現を読み込むことで

登場人物が起こした行動と感情のつながりがぼんやりと見えてきます。

 

 

幅広い知識も必要

中学受験の入試テストには、小学校で習う範囲を超えないながら

ひねりの利いたクイズのような問題が多数出題されます。

 

さらに、ごく普通な小学生の生活域には到底ないような

大人びた表現や話題なども

多く取り上げられる傾向にあるため、

漢字の知識や文章での表現力といったことから、

雑学レベルの幅広い知識も必要とされる場面も多くなり、

中学受験の国語はより一層難問化が顕著に。

 

こういった傾向は国語のみにはとどまりませんが、

中学受験において「子ども自身の経験」が重要視される背景には、

中学受験で問われる問題の多くが

塾やテキストに向き合うばかりではない

生の声や感受性に根差すものを好んでいる流行があるようです。

 

昨今の中学受験では、子どもたちの持つ学力はもちろんのこと、

考え方や感性など

子どもたちそれぞれが持つ個性そのものを

加味したうえで入学者を選別するという傾向が顕著。

 

入試テストのときに初めて目にする設問を前に

柔軟な対応を見せるためには、様々な経験を積み

多種多様な情報を入れておくことが不可欠であり、

それを的確に表現するための語彙力・瞬発力も大切。

 

中学受験において、

勉強以外の知識まで興味を持つということは

もはや前提条件と言っても過言ではないのです。

 

 

中学受験の国語では語彙力がある方が有利

中学受験において、とくに難関中学校で顕著であるのが

日常のふとしたことを回想するエッセイや

恋愛などシンプルかつ奥深い感情をテーマとした

短編小説などを取り上げた出題傾向です。

 

こうした問題を前にしたとき、

登場人物の感じている感情や揺れ動きを感じ取り

それを的確に書き出していくための

豊かな語彙力が重要なものとなります。

 

内容自体が大人向けであるため

そもそも文章を読み進めるために語彙力が必要、

という面もちろんありはするのですが、

「気持ち言葉」などに代表されるように

些末な感情を繊細に表現できる感覚と知識は

国語を切り抜けるためには持っておきたい力です。

 

また、豊かな語彙力は

様々な知識の引き出しとなりえるため

他教科での受験でも非常に役立つ能力となります。

 

中学受験塾でもよく言われている話かもしれませんが

語彙力はあればあるほど

中学受験に有利であることは間違いありません。

 

 

語彙力強化に効果的な家庭学習法ランキング

中学受験如何にかかわらず、

語彙力というものは一朝一夕でものにできる、

そんなしろものではありませんよね。

 

とくに、国語が嫌いな子どもたちにとって

語彙力をつけるための読書を強いてしまうと

よりいっそうの文章嫌い、記述嫌い、

国語苦手意識を強めてしまうことは想像に難くありません。

 

そういった危惧もあり、語彙力をつける工夫を

なかなかできなかった保護者の方も

多いのではないでしょうか。

 

しかし、家庭での簡単な「ちょい足し」で

その語彙力を自分自身の力として

子どもたちが確かに身につけることが可能です。

 

中学受験塾でもさんざん言われていることかもしれませんが、

中学受験では塾業界の支援のみならず

家庭でのサポートがもっとも差を見せつけます。

 

一朝一夕では身につかない語彙力をつけられる

家庭でも簡単に始められる方法とはいったい

どういったものなのでしょうか。

 

家庭学習法ランキング3位:読書

これも、耳にタコができるほどきいたアドバイス。

 

しかも、国語嫌いの子どもに本など読ませられるはずがない、

と考え、ほぼあきらめている保護者の方も

多いのではないでしょうか。

 

読書といっても、難しい本や長い小説のことではありません。

 

ゾロリや漫画などでも語彙力を身につけることは十分可能です。

 

中学受験や塾業界では、本はしっかりとした

小説を読ませるようにと事あるごとに説かれていますが、

語彙力をつけるためなら媒体は構いません。

 

文章で視界が埋まっている状態に慣れる目的であったり

速読・精読のテクニックを身につけるために

小説を読むことが有効であるのは間違いのない事実ですが、

最初は色々な漫画や児童書を読み、

語彙力を伸ばすことを優先的に実行すると

国語が苦手な子どもでも少しずつ「言葉」に慣れてきます。

 

また、星新一のショートショートなど

すぐに読める物語を活用し、

要約・テーマなどをまとめるとなお効果的でしょう。

 

 

家庭学習ランキング2位:会話

塾業界ではポピュラーな方法ですが、親子間での会話は

中学受験における語彙力を高めること、

プラス論理的思考力を身につけることに

大きな効果を発揮してくれます。

 

これは中学受験を視野に入れた段階で

親子間で身の詰まった会話のやりとりや

ニュースなどをテーマに会話・議論をおこなうなど

積極的に自分から言葉を発する機会を与えてあげることで

自分の力で考える力や気持ちを言葉で表現する方法などを

実践的に、自然な流れで学習することが出来ます。

 

さらに、親子間の密なコミュニケーションは

中学受験の直前期と重なる反抗期においても

子どもの内面を少しでも理解する足掛かりに。

 

また、こうした色々なテーマでの会話・議論は

社会情勢や日常の細やかなことに目を向けることにもつながるため

中学受験校が求める「広い視野」と

「独自の感受性」をはぐくむといった面でも

非常に効果的な自習方法となります。

 

家庭学習ランキング1位:プレゼンテーション

昨今では中学受験のいち科目としても

加えられた「プレゼンテーション」は、

的確な言葉の表現を瞬発的に行えるという点で

今、中学受験の塾業界ではにわかに注目されている学習方法です。

 

家庭でも出来るプレゼンテーション、

つまり国語における言語能力の強化は

好きな漫画、アニメなどのあらすじと良さを

数分間プレゼンさせるという手法です。

 

こうすることによりとっさに言葉が出ますし、

表現の幅を広げるために、自然と

幅広い言葉を駆使できるようになっていきます。

 

プレゼンテーションが苦手・難しい場合は

アニメのあらすじを話してもらう、

作文にしてもらうなど、

楽しい会話の中で語彙力を鍛える方法を選びましょう、

 

速読力も必要

中学受験本番は、当然ながら時間制限が設けられています。

 

国語は苦手であればあるほど

読み取る作業や記述問題で言葉をひねり出す段階で

かなりの時間を使ってしまい、

せっかく高得点がとれたかもしれない問題でも

時間が足りないばかりに逃してしまう可能性が高い教科でもあります。

 

こういった場合、速読の手法が何よりも大切。

 

速読は、文章を保護者や子ども自身が音読することで鍛える手法や

視野を広げて文章を眺めることで

大まかな情報を頭に入れる手法などなど、

様々なやり方が紹介されていますので、

こちらもいずれランキングとしてご紹介していきます。

 

いずれも共通しているのは、問題文をきちんと理解することはもちろん、

長い文章を速く・正確に頭に入れるように読むこと、

つまり、例題文で作者が言っている大テーマに

いちはやく気が付けるか否かが大切なものであるということ。

 

テーマをとらえることさえ叶えば、

あとは国語はもうほとんど、怖くはありません。

 

 

塾業界で売れている「オールインワン」国語教材ランキング3

ここまで中学受験国語について

必要とされるテクニックを色々と書き連ねてきましたが

こんなにたくさんの国語攻略法を

一度に身につけることなど、どう考えても不可能だとお考えですよね。

 

しかし、上記のテクニックが一度に身につく

オールマイティな国語問題集は確かに存在するのです。

 

今回はランキング形式で、国語に必要なスキルが身につく

中学受験の塾業界でも話題になっている

国語問題集・教材をご紹介していきます。

 

 

国語問題集ランキング第3位:小1国語 文章読解 (早ね早おき朝5分ドリル)

こちらは小学校低学年向けの文章読解ドリル。

 

日1ページ、所要時間約5分の基礎固め用テキストとなっており、

学習内容も、本文を抜き出すだけという

基礎的・初歩的なスタートから始められます。

 

短いものの読解力がつく文章や

1日1ページという毎5分という軽い手応えから

子どもに「今から国語問題集をやるんだ」という

心理的圧迫感を比較的与えないのもこのテキストの魅力です。

 

こちらのテキストは、国語のみならず

算数や社会、英語など教科は多岐にわたり、

対象学年も小学校1年生から6年生までと

幅広く対応しているため、苦手科目に合わせて選び

スポット学習をすることも可能です。

 

 

国語問題集ランキング第2位:ドラえもんの国語おもしろ攻略 読解力がつく

中学受験の大手塾・日能研が監修した

読解力・記述力のための国語の仕組み解説漫画。

 

テスト問題中心に読解の重要ポイント

「問われていること、求められていることを正しくつかむには」

といったことや、記述問題で大切となる

「自分の考えや意見を持って、それをどう書き表現するか」

といったことを、わかりやすく

ドラえもんのストーリー漫画で解説しています。

 

ドラえもんということで、本好きであれば

低学年でも楽しく読み進めることはできますが、

解説されている内容がやや難しく、

例題文のテキストは細かく小さな文字であるため、

どちらかというと高学年向きのようです。

 

中学受験にそなえて国語の基本を押さえておきたい場合はもちろん、

高校受験を迎える年齢になっても使えるという声もあり、

国語の基礎を固められる貴重な1冊として

塾業界でもおすすめする方が多い国語テキストです。

 

基本に立ち返り、何度となく応用できるため重宝します。

 

効果としては、読書感想文がしっかりと書けるようになるなど

目に見えるような国語力アップが散見され、

しっかりと理解して読める忍耐力を養うことが出来れば

「ドラえもんの漫画」というブランド効果も相まって

文字ばかりのテキストよりもぐっと早い理解が期待できます。

 

 

国語問題集ランキング第1位:中学入試 でる順過去問 国語読解 合格への85問

近年の中学入試を徹底的に分析し、

頻出度順に問題が掲載されている虎の巻。

 

中学入試によく出る、本当に重要な項目から学習することができ

テキスト自体の構成もわかりやすく、

簡単かつシンプルな内容ながら物語文 説明文など、

各項目に分かれていて使いやすくまとまっています。

 

無駄なく解いていくことが出来るテキストは

保護者から評判を得ており、

85問の小問題と高すぎないほどよい難易度で、

文章題ごとに解けば意外にも早く終えられてしまいます。

 

しかし、終えた後の手ごたえは

難しい問題を多くこなすよりも

確実に身になっていると感じられるたしかなものであり、

注意して読解するような力がしっかりとつく

国語問題集となっています。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

国語は、様々な要因が絡み合ってなされている

複合的かつセンスなどのバランスの良さが問われる

シンプルに見えて難しい科目のひとつです。

 

にもかかわらず、昨今の中学受験においては

受験生に対し、国語的なスキルやセンス、

また繊細な感受性といったものを求める傾向にあります。

 

これは中学受験全体として

自分の頭で考え、心で感じることができる

「主体性」を持った生徒を求めるという風潮が強いためです。

 

多様化や国際社会に目を向けた教育が注目されている今、

中学受験や塾業界においてもグローバル教育は注目の的。

 

今の中学受験において、「広い視野」は求められる能力であり

ひとつのキーワードとなっている条件です。

 

国語はあらゆる面で、中学受験校が求める

生徒像を体現するのにもっとも近しい教科です。

 

今回の国語問題集ランキングを参考に、

国語に慣れ、思考に強くなり中学受験を制覇していきましょう。